これを販売することで日本への輸出ビジネスチャンスを開拓

Posted on


インドネシアと日本は、様々な分野で協力することが多い国です。 日本自体は、目的地別で国内第 3 位にランクされています。 書き出す インドネシア最大。 多くのインドネシア製品は日本の消費者に必要とされています。 ビジネスチャンスを見る 書き出す 日本への輸出国としての可能性が広がりつつあります。 その他の開発 輸出入 年々増えているもの。

食品から繊維製品に至るまで、市場の関心が非常に高いため、日本はこれらの製品を広く受け入れています。 大手メーカーだけができることではない 書き出す中小企業のプレーヤーも、このビジネスを運営する絶好の機会を持っています。 製品の可能性を適切にマーケティングできるように、日本で販売するためのアイデアとして使用できるいくつかのアイテムを次に示します。

1.トレンドデザインの洋服

日本社会、特にミレニアル世代は男女問わず、ファッション商品への関心が高い。 特にメンズでは、ジャケット、パンツ、ウェア、シューズの需要がかなり高いです。 この事実を見て努力する 書き出す 日本への服はオプションです。 さらに、日本の若者はオンラインで買い物をすることを好みます。

これは、彼らが忙しく、店で買い物をする時間が取れないためです。 通常、買い物が好きな日本の若者の年齢層は 18 歳から 25 歳です。 これを踏まえ、日本への輸出ビジネスチャンスを開拓 オンライン その年齢をターゲットにしたトレンディな衣料品には大きなチャンスがあります。

2. レディース アクセサリー

ビジネスチャンスを開拓してみる 書き出す レディースアクセサリーの販売で日本へ。 さくらの国の女性は、ネックレスやブレスレット、ネイルなど、さまざまなアクセサリーを好みます。 フレンドリーな売り手になり、女性のバイヤーを友達のように扱い、顧客が製品を購入する際に忠誠心と忠誠心を持てるようにします。

3. 原料用ゴム製品

ゴム農園の面積が大きい場合は、日本に送っても問題ありません。 多くの日本のメーカーは、製品を作るための原材料としてゴムラテックスを必要としています。 このゴム樹液は、自動車のタイヤなどの原料として利用できます。 商品の輸出業者であるためには、会社を信頼できなければならず、商品はオンデマンドで入手できる必要があります。

4. ハラール加工食品

インドネシア人にとって、日本は観光地、留学先、またはそこで働くための留学先としてよく使われます。 ほとんどのインドネシア人自身がイスラム教徒であり、ハラル食品を食べる必要があります。 これは、アウトレットを開設するか、オンラインで送信するかを問わず、日本に輸出できる対日輸出ビジネス チャンスの 1 つです。

日本のムスリムの消費者だけでなく、日本社会全体がおいしい食品を楽しむことができます。 スナックからインドネシアの特産品、各種ドリンクまで、様々な食品を業態としてご利用いただけます。 もちろん、おいしい生鮮食品を生産するためには、原材料の品質が最高でなければなりません。

5. 新鮮な果物と野菜

パンデミックの間、中国市場から日本への青果物製品の出荷はシフトし始めました。 これにより、インドネシアの MSME が日本に製品を送りたいという道が開かれました。 日本人は現在、高ビタミンを生産する果物を消費することを好みます. これらの果物や野菜は、生鮮、冷凍、または乾燥して出荷できます。

それらはいくつかのビジネスチャンスのアイデアでした 書き出す ビジネスパーソンが走れる日本へ。 大規模な出荷の場合、インドネシア政府と日本政府の両方から、満たさなければならないさまざまな管理上および技術上の段階があります。 日本に商品を送り出す前に、あらかじめ日本人の特徴を知ってターゲット市場を明確にしておくとよいでしょう。

また読む: 繰り返し発進すると車が始動できない5つの原因



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *